Market Scope Back Issues

ビューポイント

text by 宮副謙司

  1. 新しい家電
    — 身の回りにある新たな価値の創造 —
  2. 顧客価値から考えるマーケティング戦略
  3. ポジショニングマップとイノベーション
  4. ライフライン型小売業の将来
  5. トイザラス日本市場20年と小売業の国際化
  6. 最近の食品の新製品開発とマーケティング戦略
  7. 地域活性化のマーケティング
  8. 地方菓子メーカー「たねや」の地域活性化
  9. 雑誌の新たな動き
    — 小売・情報発信の機能を超えて —
  10. 顧客マーケティングの新段階
    — 「ソーシャルCRM」の時代にやるべきこと —
  11. ECサイトのマーケティングに学ぶ
  12. “B to B”企業のマーケティング戦略
  13. スポーツマーケティング
  14. MBA学生は何を目指すのか?
  15. 地域活性化のマーケティング
    — 新たな視点での捉え方と取組みの目標
  16. 新しい製品コミュニケーション戦略
    — トヨタ「アクア」の取組み事例を中心に
  17. 病院と企業のコラボレーション
  18. マーケティングチャネルの再考
    — メディアチャネルと小売チャネルの融合が生み出す変化と可能性 —
  19. 店舗のあり方・何を揃え、何を見せるのか
  20. 郊外・地方SCに慣れたファミリーの消費研究
  21. メイカーズ:新しいモノづくりとマーケティング
  22. 地域活性化手法での高付加価値マーケティング
  23. エンゲージメント・マーケティング
  24. IKEA研究
  25. 渋谷の将来
  26. 食が生み出す経験価値とイノベーション
  27. 展覧会考 — 最近の展覧会を見て思うこと —
  28. 新しいメーカーと小売の関係
  29. 最近の消費動向にみる「個人的な」分析
  30. 正しいグローバル・マーケティング戦略
  31. 米国ポートランドにみる地域活性化の最新展開
  32. 自分で考え問題解決するMBA
  33. 地域活性化 — 地方での起業家研究

インドいろいろ

text by 貴田マリ

時代の気分

View Point Market Scope vol.174 Oct. 2011  文:宮副 謙司

地域活性化のマーケティング

地方に出張して地元の新聞・テレビを見て気付くことは、その地域の伝統産業、文化、教育、イベントなど地域活性化の取り組みについてのニュースが本当に多いことだ。東京にいては日常的にはそう意識しなかったが、2011年の大震災復興支援で東北地方の取り組みに関心が集まる中、今や東北だけでなく日本各地でその動きが底流としてあるのだと認識を新たにした。
そのような中、この夏、九州へ行った時に、パンフレットを手にして、その企画に感心した。それが、長崎県佐世保市の佐世保観光コンベンション協会が企画して取り組んでいる「SASEBO 時旅」という活動である。

佐世保の「時旅」

2011年から始まった「SASEBO 時旅」は、地域が持つ歴史・自然・産業・文化・食材などの資源を活かした体験を楽しむ企画で、地元発、1日(日帰り)の「予約旅」と捉えているところが先ずユニークだ。ツアーは、土曜・日曜を中心に月間15企画ほど、半期で約80企画と数多い。パンフレットをもとに資源別にツアーをグルーピングすると、下記のようにまとめられる。
第一に、歴史資源。佐世保は旧日本海軍の軍港であったため、港には多くの海軍施設の跡が残っている。最近では、NHKドラマ「坂の上の雲」でも取り上げられている場所も多い。戦後の米軍や自衛隊の基地施設も観光資源になっている(海上自衛隊護衛艦見学、米軍基地施設内見学など)。また、隠れキリシタンの歴史を抱え、カトリック教会のある島での歴史探訪(黒島天主堂アンジェラスの鐘と朝ミサ体験)もある。
第二に、自然資源。多くの島々からなる「九十九島(くじゅうくしま)」や、最近の広域町村合併により広がった山や高原の天然資源を活かす企画がなされている。(例えば、無人島で過ごす満月の夜のキャンプ、ヨット体験、国見の森セラピーウォーク、アウトドアのダッチオーブン料理、農園ランチなど)これらは、春夏秋冬、年間を通じて歳時記を追って楽しめる企画となっている。
第三に、産業資源。三川内焼(陶芸体験)、漁港(マグロ解体ショーと海鮮雑炊朝飯ツアー)、地元の食材(西海みかんやいちご「さちのか」収穫体験とスウィーツづくり)を活かす企画があり、飲食店についてもかつて日本海軍指定の明治時代創業の料亭、戦後多くのアメリカ人でにぎわったジャズバー体験など、こだわりやうんちくに特徴のある店がクローズアップされている。
第四に、文化資源。佐世保市には水族館と動植物園がある。(その両方が1つの都市にあるのは珍しい)それを活かして、動物園の舞台裏探検、花と緑のライフスタイル講座などの企画が開催されている。

オプショナルツアー+文化教室+コト企画

佐世保市は、7年ほど前から地域の自然や文化・歴史などを観光のテーマに、いかにその素晴らしさを感じ、守り伝えるかを考える「エコツーリズム」の活動を始めた。そのエコツーリズム養成講座を受講し、修了した人々が佐世保の街をガイドし、街歩きのシナリオを考え、いろいろと地域の資源を調べているうちに、次々と地域の資源を発見し、それを活かす企画になったということである。(「SASEBO 時旅」公式ガイドブック VOL.1、2011年春夏の記述より)
佐世保市には、「ハウステンボス」という大型テーマパークがあり、年間180万人(2011年度見込み)の観光客が訪れるが、観光客がそこに1泊し、さらに市内の観光地にも足を延ばしてくれるようにすることが課題でもあった。
そのような観点からすると、この「時旅」は、ハウステンボスに訪れた観光客が、さらにもう1泊したくなる日帰りオプショナルツアー企画の集合体の様なもので、滞在型の観光を活性化させる旅が「時旅」というコンセプトである。さらに言えば、この企画を楽しむことで、1泊どころか、関心に任せて数日の連泊もしたくなるほど企画が充実している。また歴史も自然も文化もと様々なテーマの企画が揃っていることで多くの人の関心を惹きつけるようだ。
「時旅」は、身近なところで言えば、カルチャーセンターの文化教室の1日体験講座とか、近年百貨店で増えてきた顧客参加型の売場イベント企画(阪急百貨店の「コトコト企画」など)などに近い企画とも言えるが、「SASEBO 時旅」は、何と言っても自然の空間で、本物と接するわけで、文化教室や百貨店での体験とはそのリアリティ感がまったく違う。それだけ感動も違うということだろう。

地域住民にとっても豊かな生活

佐世保の「時旅」の効果は、滞在型の観光を増やすことだけでもないようだ。この企画は、地域住民にとっても、地域の豊かさを感じられる企画が多い。知ってはいても、個人ではなかなか体験できない企画が、地域住民に豊かな地元の生活を再認識させるきっかけとなり、地域の活性化につながっているのではないかと思う。
社会学者の広井良典は、『創造的福祉社会-「成長」後の社会構想と人間・地域・価値』(2011)の中で、産業化(工業化)によって成長・拡大した時代には、「世界がひとつの方向に向かう中で、“進んでいる-遅れている”といった時間の座標軸が優位だったが(先進国という発想)、成長・拡大のあとの「定常」期においては、各地域の風土的・地理的多様性や固有の価値が再発見されていく。定常化社会とは、時間に対して空間が、歴史に対して地理が優位となる社会である。」と述べている。

地域活性化の新しい段階

地域活性化の発展段階をみる意味でも佐世保市の事例は興味深い。これまで行われたことの第一は「佐世保バーガー」などの他の地域の人に認知を高める名物(モノ)の開発であった。次に「YOSAKOIさせぼ祭り」など広域から一時的に集客する祭りイベント企画が新規に行われた。
そして、この「時旅」の取り組みは、地元資源の「空間的な多様性」を打ち出す段階に至っているとして評価できる。地域の持つ資源の豊かさを認識するとともにそれを活かして地域の住民も豊かに定常的な時を過ごし、他の地域の人も観光客としてその地を訪問してそのコトを体験するという、なかなかよく考えられた地域活性化の本格的な取り組みと言えるのではないだろうか。


参考文献

  • 『創造的福祉社会-「成長」後の社会構想と人間・地域・価値』広井良典(2011)ちくま新書914、筑摩書房
  • 『SASEBO 時旅 公式ガイドブックVOL.1、2011年春夏』『SASEBO 時旅 公式ガイドブックVOL.2、2011年秋冬』佐世保市観光コンベンション協会(2011)