Market Scope Back Issues

ビューポイント

text by 宮副謙司

  1. 新しい家電
    — 身の回りにある新たな価値の創造 —
  2. 顧客価値から考えるマーケティング戦略
  3. ポジショニングマップとイノベーション
  4. ライフライン型小売業の将来
  5. トイザラス日本市場20年と小売業の国際化
  6. 最近の食品の新製品開発とマーケティング戦略
  7. 地域活性化のマーケティング
  8. 地方菓子メーカー「たねや」の地域活性化
  9. 雑誌の新たな動き
    — 小売・情報発信の機能を超えて —
  10. 顧客マーケティングの新段階
    — 「ソーシャルCRM」の時代にやるべきこと —
  11. ECサイトのマーケティングに学ぶ
  12. “B to B”企業のマーケティング戦略
  13. スポーツマーケティング
  14. MBA学生は何を目指すのか?
  15. 地域活性化のマーケティング
    — 新たな視点での捉え方と取組みの目標
  16. 新しい製品コミュニケーション戦略
    — トヨタ「アクア」の取組み事例を中心に
  17. 病院と企業のコラボレーション
  18. マーケティングチャネルの再考
    — メディアチャネルと小売チャネルの融合が生み出す変化と可能性 —
  19. 店舗のあり方・何を揃え、何を見せるのか
  20. 郊外・地方SCに慣れたファミリーの消費研究
  21. メイカーズ:新しいモノづくりとマーケティング
  22. 地域活性化手法での高付加価値マーケティング
  23. エンゲージメント・マーケティング
  24. IKEA研究
  25. 渋谷の将来
  26. 食が生み出す経験価値とイノベーション
  27. 展覧会考 — 最近の展覧会を見て思うこと —
  28. 新しいメーカーと小売の関係
  29. 最近の消費動向にみる「個人的な」分析
  30. 正しいグローバル・マーケティング戦略
  31. 米国ポートランドにみる地域活性化の最新展開
  32. 自分で考え問題解決するMBA
  33. 地域活性化 — 地方での起業家研究

インドいろいろ

text by 貴田マリ

時代の気分

View Point Market Scope vol.181 May 2012  文:宮副 謙司

MBA学生は何を目指すのか?
— 変わる学生像とビジネススクールの役割 —

4月は新入学の時期。MBA(経営学修士)の学位を取るために、仕事をしながら(社会人を継続しながら)2年をかけて経営学を学ぼうとする学生たちが、筆者が所属するビジネススクールにも今年も入学してきた。
かつては「コンサルティングファームに転職」とか「大企業の経営人材になるため」というのがビジネススクール入学の目的意識として多かったように思う(自らの経験、また周囲の人材の事例から)。しかし、最近の目的は次第に変わってきているようだ。
例えば、当方も含めいくつかのビジネススクールの新入生や在校生の属性や意識を伺ってみると、以下のような新しい特徴が垣間見られる。

新規起業

筆者の勤務するビジネススクールの人気科目の一つに「ビジネスプランニング」という科目がある。グループで一つの事業を企画し、ベンチャーキャピタルやエンジェルに提出可能なレベルにまで、ビジネスモデルを詰めるというものだ。
MBA取得後、会社を辞め、すぐに起業という切実さではないが、三十代の社会人学生が、自分の10年後のキャアリを考えて、今から備えておきたいという意識のようだ。事業企画、経営計画、資金調達の手法論を身につけることもこの科目の魅力だが、それ以上に、ビジネススクールの授業機会を通じて、これまでの会社人脈でない新たなビジネスの同志を友人として手に入れ、起業を現実的なものにすることが大きな目的になっている。

事業継承の御曹司

そして、ここ1、2年目立つ属性の特徴が、中堅のファミリー企業の事業を継承しようとする御曹司たちである(女性含む)。大学卒業後、自分の選択で企業に就職しサラリーマンをしていたが、親世代から事業継承することになって、経営全般を学ぶビジネススクールで、経営能力を獲得したいという切実なものだ。また、消費者向けのソフトなビジネスの会社勤務から、実家が経営するBtoBのものづくりを行う町工場の経営者に転身し、その企業の立て直しに取り組まねばならないという人もいた。従来に比べ畑違いの業界で、しかも人に頼らず経営の意思決定を一人でこなしていくための経営の専門性を身に付けたいというものである。
御曹司ならぬ女性の場合、かつては婿を迎えて事業継承というパターンが多かったかもしれないが、ここ近年は自分がビジネススクールで学びMBAを取得するという人が多くなった。これは大きな意識と行動の変化と言えるのだろう。

地方の御曹司・アジアの御曹司

このような御曹司は全国にいて、当校にも全国各地の遠隔地から登校する人材が複数目立つようになった。昨年は札幌、今年は福岡などからの方々が、わざわざ居を青山周辺に設けビジネススクールに通学する意欲の高い方も見られる。(この意味でビジネススクールの「通学圏」はかなり広まっていると言ってよい。そのためにも交通アクセスの良さもビジネススクール選択の重要な基準にもなっている)。
しかも、海外からの留学生の中にもそのような御曹司は数多い。中国、韓国はもとより、最近はASEAN諸国、中央アジアからの留学生がいるが、その多くが、実業家の子女で、ファミリービジネス継承の御曹司たちである。前述したように日本人の起業予備軍人材と同様、単に経営を学ぶだけでなく人的ネットワーク作りの目的もあるのだろう。

ビジネススクールの役割も変化

日本のビジネススクールは、文部科学省認可の経営学修士の学位発行校で34校ある。東京都内の1年間の志願者数(単純合計)は、約2,000名という市場規模である。
今年50周年を迎える老舗ビジネススクールは、その使命として「新時代において変革を先導するビジネスリーダーの輩出」と言う。そしてそのために国際認証を受けるなど内容の充実を図る様々な取り組みが表明されている。ビジネススクールの国際認証を受けることは素晴らしいことだが、その取得数が誇りというのも、なんだか、前述のような社会人のビジネススクールへのニーズとはずれているような気がしないでもない。
志願者の意識などを見てみると、現時点そしてこれから先のビジネススクールの役割としては、グローバルにビジネスをする「大企業の経営者人材を養成」というよりも、地域への貢献も含め、今後の社会のあり方を見据えた事業創造や社会貢献などに取組む人材の養成が望まれるのではないだろうか。さらに言えば、ビジネススクール在校生、修了生、専任教員、非常勤講師(ビジネスによりつながっている専門家)、外部ビジネスリーダーとの関係を常に束ね、授業、研究会、様々な行事を通じ、経験や知識を持ち寄り、教育に留まらず、新事業開発、地域活性化などの構想を生み出し、社会に貢献する、ある意味「触媒」(カタリスト)としての役割を強く意識するべきなのではないだろうか。
受講生(候補者)のニーズが変化し、社会的な要請も変化しているのだから、従来の殻に束縛されることなく、新たなビジネススクールへの変革に少しでも動き出さないといけないと感じている。

地域活性化のマーケティング

筆者自身、ビジネススクールでの新しい教育の取組みは、「地域活性化のマーケティング」という新規科目の開設である。
その科目では、地域資源(自然資源・産業資源・人的資源など)を棚卸し、時代にマッチした活性化の種を拾い出し、新たな意味付けによって、資源の編集(デザイン)を行う。次に、利用可能な資源でいくつかのまとまりにして、少数の訴求ポイントを考案し、そこへ向けてこれらのまとまりのベクトルを合わせることで強力な魅力を作り上げる。その価値を継続的、安定的に実現(提供)できる仕組みを構築する という科目である。
この科目を通じて、地域に貢献できる事業企画(ビジネスプランニング)を行い、その企画実現のために別の企業や、団体組織などをコーディネートしていく力を養成しようとしている。単に一つの地域を対象に、その地域をいかに活性化させるかを構想するだけでなく、複数の地域(あるいは地域全般)を 対象に、何らかの機能で(地域をつなぎ)活性化させることを構想する。そのようなことで、MBA学生の新たなニーズに応えていこうとしている。