Market Scope Back Issues

ビューポイント

text by 宮副謙司

  1. 新しい家電
    — 身の回りにある新たな価値の創造 —
  2. 顧客価値から考えるマーケティング戦略
  3. ポジショニングマップとイノベーション
  4. ライフライン型小売業の将来
  5. トイザラス日本市場20年と小売業の国際化
  6. 最近の食品の新製品開発とマーケティング戦略
  7. 地域活性化のマーケティング
  8. 地方菓子メーカー「たねや」の地域活性化
  9. 雑誌の新たな動き
    — 小売・情報発信の機能を超えて —
  10. 顧客マーケティングの新段階
    — 「ソーシャルCRM」の時代にやるべきこと —
  11. ECサイトのマーケティングに学ぶ
  12. “B to B”企業のマーケティング戦略
  13. スポーツマーケティング
  14. MBA学生は何を目指すのか?
  15. 地域活性化のマーケティング
    — 新たな視点での捉え方と取組みの目標
  16. 新しい製品コミュニケーション戦略
    — トヨタ「アクア」の取組み事例を中心に
  17. 病院と企業のコラボレーション
  18. マーケティングチャネルの再考
    — メディアチャネルと小売チャネルの融合が生み出す変化と可能性 —
  19. 店舗のあり方・何を揃え、何を見せるのか
  20. 郊外・地方SCに慣れたファミリーの消費研究
  21. メイカーズ:新しいモノづくりとマーケティング
  22. 地域活性化手法での高付加価値マーケティング
  23. エンゲージメント・マーケティング
  24. IKEA研究
  25. 渋谷の将来
  26. 食が生み出す経験価値とイノベーション
  27. 展覧会考 — 最近の展覧会を見て思うこと —
  28. 新しいメーカーと小売の関係
  29. 最近の消費動向にみる「個人的な」分析
  30. 正しいグローバル・マーケティング戦略
  31. 米国ポートランドにみる地域活性化の最新展開
  32. 自分で考え問題解決するMBA
  33. 地域活性化 — 地方での起業家研究

インドいろいろ

text by 貴田マリ

時代の気分

View Point Market Scope vol.188 Dec. 2012  文:宮副 謙司

メイカーズ:新しいモノづくりとマーケティング

1.メイカーズ(モノを作る人々の動き)

『ロングテール』や『フリー』の著者、クリス・アンダーソンの新著『MAKERS-21世紀の産業革命が始まる』がいう本が話題になっている。デジタル工作機械の普及が製造業に革命を起こし、アイディアさえあれば誰でも製造業に参入できると唱えている。
インターネットにつながった3D(3次元)プリンターレーザーカッターといった卓上サイズのデジタル工作機械を使って、これまで大企業にしかできなかったモノづくりが、一般の人々でもできるようになった。装置がなくても、製造を請け負う工作スペースにネットで設計図を送れば、自分のデザインをカタチにしてくれるのだ。
デジタル工作機械を共同利用できる工作スペースは100か所ほどあり、米国オバマ政権は今後4年間で1000か所の学校にデジタル工作機完備の工作室を設置する計画だという。
この仕組みによって作り手が一気に増えることになる。眠っていた膨大な数のアイディアや情熱や創造性が流れ込み、新しい市場が生まれる。アマチュアが明日の市場を作る、「新産業革命」といえるのではないか。
消費者は、ネット上でコミュニティを作り、アイディアを共有する。みんながアイディアを出し合ってどんどん改良が進む。ネットで公開したアイディアに賛同した人たちが開発費用を出資するクラウドファンディングという仕組みもある。このような動きを「メイカーズムーブメント」(製造業革命)と呼ぶそうだ。

2.渋谷にデジタル工房:モノづくりが変わり始める

機械を一通り揃えた個人向け工房は、メイカースペース、ハッカーズスペースと呼ばれ、工作、データ出力、交流の拠点になる。こうした工房は東京・渋谷を中心に日本にも次々と誕生している。「日経MJ新聞」2012年11月19日付記事)

CUBE

3Dプリンターなどを扱う「iGUAZU」が2012年10月、渋谷にショールーム兼時間貸し施設「CUBE」を開設した。3Dプリンターはこれから個人への普及するとみて、クリエイターや若者が集まる街でまず機械に触れてもらうことを開始した。

FabCafe

loftwork」が2012年春に開設。カフェの中心にレーザーカッターを備え、パソコンで描いた図柄を板などに転写したり、切り出したりできるデジタル工作機器を時間制で使用できる。

co-factoryco-lab渋谷アトリエ

都内4か所でクリエイターを対象にシェアオフィスを運営する「春蒔プロジェクト」が2012年に開館した渋谷アトリエには、本格的なメイカースペース「co-factory」が併設されている。工房は入居者以外でも有料で使える。自治体や企業からグッズ製作の依頼を受け、デザイナーら入居者が協力して作業を進めることも多い。

FABLAB SHIBUYA

2012年11月に開業した「FABLAB SHIBUYA」は世界130か所に存在する個人向け工房のネットワーク、ファブラボの一つで、「モノづくりの民主化」という理念を共有する人々が独立し運営する。

3.価値創造が変わることはマーケティングも変わること

マーケティングとは、「顧客にとって価値を持つ提供物(顧客価値)を創造し、伝達・提供する活動・プロセス(仕組み)である」とされる。そうであれば、価値創造の仕方が変わることで、マーケティングも変わっていくことになる。
つまり、デジタルな工作機器の登場でモノづくり、価値創造がしやすくなる。またこれまでアイディアだけで終わっていた(「CUUSOO SYSTEM」システムのように一部の消費者のソーシャルメディアやインターネットサイトでの発言・提案もあるが)一般消費者が価値創造の担い手として参画しやすくなる。まさに作り手の価値創造の大きな変化を意味する。
この約10年間で、インターネットの普及による価値の伝達(企業から消費者へのコミュニケーション)の革新、価値の提供の革新(インターネット通販の成長)が着目され、実際に大きな変化を見せつけてきた。ここにきて価値創造までも大きく変化しているのである。

4.2013年へ向けて新しいマーケティングの可能性

2012年の話題として、消費財メーカーが駅やSCなどの多くの人が集まる商業施設に、消費者に直に接し販売するアンテナショップ(実演体験型工房など)を続々と開設したことが挙げられる。例えばJR東京駅八重洲地下に2012年4月に開設された「東京おかしランド」には、CalbeeglicoMORINAGAのアンテナショップが揃っている。そこでは限定商品の販売に加え、ポテトチップスやアーモンドチョコレートなどの人気商品の製造工程を公開し、できたての菓子を提供している。
Calbeeのアンテナショップ「Calbee+」は、通路に面してガラス張りのキッチンがあり、ポテトチップスを油で揚げ、味付けする製造工程が見られる。消費者がその工程を見学することでワクワク感を醸成し、製品を知ってファンになってもらう狙いのようだ。またglicoの「ぐりこ・やkitchen」も、製造工程を見られる工房のような店舗である。ロースターでアーモンドを焙煎し、溶かしたチョコレートをスプレーで吹きかける様子をガラス越しに見られる。

消費財メーカーがわざわざ作る場面を消費者に見せるような価値の伝達と提供する一方で、消費者はデジタル工作機械を操って製造しはじめた。このような作り手、使い手の変化は、これからの価値創造や伝達・提供の構造を大きく変える予兆と見ることができよう。
2012年のこのような変化の芽は、2013年に大きな動きとなってマーケティングを変えて行くだろう。これからに期待したい。