Market Scope Back Issues

ビューポイント

text by 宮副謙司

  1. 新しい家電
    — 身の回りにある新たな価値の創造 —
  2. 顧客価値から考えるマーケティング戦略
  3. ポジショニングマップとイノベーション
  4. ライフライン型小売業の将来
  5. トイザラス日本市場20年と小売業の国際化
  6. 最近の食品の新製品開発とマーケティング戦略
  7. 地域活性化のマーケティング
  8. 地方菓子メーカー「たねや」の地域活性化
  9. 雑誌の新たな動き
    — 小売・情報発信の機能を超えて —
  10. 顧客マーケティングの新段階
    — 「ソーシャルCRM」の時代にやるべきこと —
  11. ECサイトのマーケティングに学ぶ
  12. “B to B”企業のマーケティング戦略
  13. スポーツマーケティング
  14. MBA学生は何を目指すのか?
  15. 地域活性化のマーケティング
    — 新たな視点での捉え方と取組みの目標
  16. 新しい製品コミュニケーション戦略
    — トヨタ「アクア」の取組み事例を中心に
  17. 病院と企業のコラボレーション
  18. マーケティングチャネルの再考
    — メディアチャネルと小売チャネルの融合が生み出す変化と可能性 —
  19. 店舗のあり方・何を揃え、何を見せるのか
  20. 郊外・地方SCに慣れたファミリーの消費研究
  21. メイカーズ:新しいモノづくりとマーケティング
  22. 地域活性化手法での高付加価値マーケティング
  23. エンゲージメント・マーケティング
  24. IKEA研究
  25. 渋谷の将来
  26. 食が生み出す経験価値とイノベーション
  27. 展覧会考 — 最近の展覧会を見て思うこと —
  28. 新しいメーカーと小売の関係
  29. 最近の消費動向にみる「個人的な」分析
  30. 正しいグローバル・マーケティング戦略
  31. 米国ポートランドにみる地域活性化の最新展開
  32. 自分で考え問題解決するMBA
  33. 地域活性化 — 地方での起業家研究

インドいろいろ

text by 貴田マリ

時代の気分

View Point Market Scope vol.200 Dec. 2013 文:宮副 謙司

地域活性化 — 地方での起業家研究

地域活性化の取り組み事例として、最近多くの記事が見られ話題になっている徳島県神山町を訪問し、現地調査を行った。
神山町は徳島県の中央部にあたる山間部にあり、川に沿って集落が点在する人口6000人ほどの町である。そこに見るのは山間に農耕地や木造家屋がある風景で、ファーストフードの店やコンビニエンスストアはほとんど見当たらない典型的な日本の田舎の町の姿である。しかし近年、地元の有志が始めたNPOの活動により、地域活性化が着々と進みだしている。
その活動は、少子高齢化、過疎化で住む人がいなくなった古民家を再活用し改装し、さらに県が進める高速のインターネット利用を可能にするビジネス情報環境の整備とも相まって、農業(農産品開発)だけでなく先端的なデジタル産業も含め、新しい時代の新しいビジネスが起業され、新しい意味での地域活性化の取り組みが見られるのである。

古民家や廃校校舎を「場」として活用する起業

神山町の地域活性化活動の中心となっているのは、「グリーンバレー」というNPOである(理事長:大南信也氏)。その取り組みは様々であるが、その中で「アーティスト・イン・レジデンス」(内外の芸術家に創作活動と生活の場を提供する)、「ワーク・イン・レジデンス」(飲食・物販・ビジネスを展開する場を若手起業家に提供する)、「サテライトビジネス」(東京・大阪などの企業にサテライトオフィスの場を提供)などの活動が大きい。それらの多くは、地域の課題でもあった古民家や、廃校になった小学校の校舎などを地域資源として捉え直し再活用することが起点になっているともいえる。本稿では、神山町での起業家の活動を中心に事例を見ていく。

古民家活用のサテライトオフィスでの起業

町の中心部、町役場に近い地区の道路に面した部分には、古民家を改装しオフィス利用できるようにした建物がある。そこに入居した「株式会社えんがわ」は、番組情報会社「プラットイーズ」(本社;東京都渋谷区、会長:隅田徹氏)により設立された新会社で4Kなど次世代テレビ向けに番組内容などの情報を編集し、映像素材と組み合わせる事業を開始した。東京、大阪にある同社の拠点を高速通信回線で結び、顧客である東京や大阪のテレビ局などと大容量の映像素材をやり取りできるようになっている。社員の多くが神山町の採用で、しかも東京の経営陣もここに長く滞在するという経営スタイルを実現しており、従来あったようなコールセンター業務などだけの地域進出とは異なるものだ。

#
サテライトオフィス「えんがわ」

経営者が地域に入居してきたことで、経営の観点から神山町の他の産業の活性化への意見が地域住民や行政のメンバーへ出され、ディスカッションも生まれ始めるという地域活性化の新たな効果も生まれているという。
神山町内の他の拠点も合わせすでに10社を超える企業が入居し、地域でビジネスを行っている。少し山手に入ったところにある「神山バレー・サテライト・オフィス・コンプレックス」(元縫製工場の施設を活用)では、そのような企業のコワークやディスカッションの場が設けられ、東京から来訪したビジネス関係者との会議も頻繁に行われており、起業家同士の相乗効果も生まれている。

古民家活用の小売・飲食での起業

神山町移住者交流支援センター運営業務として、子供を持つ若者夫婦の移住・起業を促進させる活動でも古民家の改修での場の活用が進んでいる。2010年度からの3年間で37世帯71名(こども17名)の移住実績が上がっている。
神山温泉や道の駅に近い上角地区には「薪ぱん」や「粟カフェ」という店舗が並んでいる。どちらも神山町以外からの移住者による起業である。
「薪ぱん」は、大阪から移住してきた若者夫婦が古い農家を改装した店舗でパン作りと販売を行っている。薪による石窯作りで素材にもこだわったパンが話題を呼び、開店から30分で売り切れる盛況ぶりが続いている。

#
「薪ぱん」(パン屋)

また「粟カフェ」も田舎そばとカレーなどのメニューがあり、オープンテラスのカフェやライブラリー、雑貨ショップ、ギャラリーを設け、地域住民が来やすく、観光客も立ち寄り交流しやすい拠点になっている。

#
「栗カフェ」

「フレンチビストロ」は町役場やサテライトオフィスのそばの通りに開業した(2013年12月)。そのオーナーシェフは東京の会社勤務から起業を計画し(技術や知識、商品仕入れのネットワークを準備し)、神山町で古い酒屋店舗をレストランに改築し開業した。神山町の地域食材を多く取り入れたメニューになっている。今後、サテライトオフィスをビジネスで訪問するクリエイターやビジネス関係者の立ち寄りや地域コミュニティ交流の場となることが期待される。
NPO支援の以外でも、飲食の起業の自発的な事例もある。「茶房松葉庵」は町でも数少ない都会的な内装で本格的な自家焙煎の喫茶店であるが、その息子さんがUターンして日本料理店「麟角」をこのほど起業した。松葉庵の店舗を増築する形で店が作られ親子で飲食経営が微笑ましい。外部から来た若い人たちの起業による活躍は、そもそも地元出身の若い人材を刺激し、彼らが帰郷して新しい人生をスタートする機会を増やすことにも好影響を与えているようだ。

神山塾という若手起業家の人材育成

NPO「グリーンバレー」が提供しているのは、起業の場だけではない。若手起業家の人材育成の機会も提供している。「神山塾」では6ヶ月間の教育プログラムを用意している。上記のような起業をすぐにできなくても起業養成の学びの期間を経て経験を積み、地域で起業し地域の住民と交流し、そこに定住することにもつながっていく。
その塾出身者で、このほど「結い~田舎と都会の近所づきあい~」という神山町のおじいさん・おばあさんと都会の若い人たちの交流を深めるビジネスを起業した方がいる。インタビューをしてみると、その一番の学びは、様々な経験を経て、様々な人生目標・起業意図を持って集まった学生相互の共同生活を通じた意見交換・起業プランのディスカッションや創発のようである。今年は神山塾第5期ということで、9名が学んでいる。

#
神山塾のポスター

移り住んだ起業家がさらに地域資源になる活性化メカニズム

神山町の地域活性化は、NPO「グリーンバレー」が、地域課題だった古民家・旧施設を再利用し、新しい機能や意味づけをして地域資源に仕立てたことがまず評価できる。そして外部から来た人がそこを場として起業し、地元の人との交流を通じて地域に溶け込み、その活躍で、そのビジネスでの客の集客という地域貢献にとどまらず、その関連で人が人を呼び、さらに新たなビジネスを創発させている。まさに外部人材が地域人材=地域資源となってさらに新たな価値創造となる循環型の地域活性化のメカニズムが見られることが、神山町の地域活性化が他に見られない特徴だということだろう。

サテライトオフィスの起業家・経営者の言葉は、印象的だった。「今、その地域の特産になっているものは、その昔にはその地域にそもそもなかったことで、ある時期の誰かの起業によって生まれたものではないか」
いつの時代にも変革や新規にネガティブな保守派は多い。その時代に、新たな価値を創造しようと一念発起し起業したビジネスが、その地域の活性化を果たし、その活動や評判の蓄積が、後世から見たときの地域の特産(地域価値)になっていくということなのだろう。神山町は、今後デジタル産業、アート産業の町になるかもしれない。パンづくりと地産池消のグルメの町になるかもしれない。地域での起業にこそ、地域活性化の原点があると思われる。